制度が変わった

内容の変更

住宅エコポイントは、住まいをエコ化することで得られるポイントになります。
このポイントを活用することで、ポイントを消費して様々な商品と交換することができるという特徴があるため、多くの人から人気がありました。
人気が高かったこともあり、住宅エコポイントは終了しても新たな制度として利用することができるようになっています。
その新しい制度のことを「省エネ住宅ポイント」といいます。
従来の住宅エコポイントと違う点は、エコ改修単独でのポイントでも加算することができるようになっている点と全体的にポイントが増加しているという点になります。
そのため、従来と比べると今回の制度は利用しやすいと言えます。

従来の制度のメイン

従来の制度である、住宅エコポイントのコンセプトとしては復興支援ということでした。
そのため、ポイントを多く得るためには復興支援に関することを行わないと大量のポイントを得ることはできませんでした。
通常の住まいエコ化では、復興支援に関わるポイントと比べて半分程度の差がありました。
そのため、従来の制度でポイントを稼ぐためには復興支援をする必要がありました。
ですが、今回の制度は住まいを省エネ化することでポイントを貰うことができ、住宅エコポイントよりも簡単にポイントを得ることができます。
そのため、多くの人が省エネ住宅ポイントを利用するために、事務局に申請を行なう傾向にあります。
また、ポイントも増加しているため、ポイントを消費して商品を手に入れる方法も多く活用することができると考えられます。